ベーチェット病の概要|ベーチェット病ってどんな病気?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーチェット病の概要

ベーチェット病という病気をあなたは知っていますか?

最近では、藤木直人さんが主演したドラマ『愛し君へ』やEXILEのMATSUさんが報道されたことでも有名になりました。

このドラマでは、眼が見えなくなってしまうという衝撃のラストシーンが話題でしたね。
ベーチェット病=失明というイメージを持った人も多いのではないでしょうか。

ベーチェット病は、15~40歳の男性(発症は30歳前半がピーク)に多い病気といわれています。

もちろん女性にもみられる病気です。

ベーチェット病は眼の症状のほかに、口・外陰部などの粘膜、皮膚や関節、血管、末梢・中枢神経、消化管など全身に症状が現れます。

これらの症状は、いったんは治りますがまた再発し、それを繰り返しながら慢性の経過をたどります。

ベーチェット病は慢性再発性の全身性炎症疾患であり、難病に指定されています。

ベーチェット病の原因は今のところわかっておらず、細菌感染や遺伝などさまざまな憶測がなされています。

症状の憎悪因子としては過労、寒冷、気圧配置の変化、感染、外傷などが挙げられます。

では、次に詳しくベーチェット病の症状について説明していきます。
スポンサーサイト

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。